無料体験添削のご案内

次にやるべきことが分かる!MMCの「真っ赤な添削」

5つの視点で採点
・題意を正しくとらえているか
・因果関係がはっきりしているか
・切り口が明確であるか
・キーワードで書かれているか
・事例の基本知識はあるか

一人ひとりの学習到達度に応じた親身で丁寧な添削

2次試験(筆記試験)において、80分という短い時間の中で高得点を狙うのは中々難しいものがあります。しかし、減点を防止し合格点を確保することはそう難しいことではありません。MMCの添削は「題意に忠実な解答」「根拠の明確な解答」「キーワード・キーセンテンスのある解答」「切り口が明確な解答」「表現方法+内容」等で採点を行うため、得点の根拠がわかり、次は何に注意して解答すれば得点が高まるか、得点アップのポイントが明確に分かります。
添削は、一人ひとりの学習到達度にあわせて丁寧に添削し、教室では個別にアドバイスをしながらお返ししています。

受講生のやる気あふれる熱意を応援する「再答案学習法」

初めはどんなに頑張っても合格点は中々取れるものではありません。しかし、多くの受験生は解答例をもらい、添削された答案をきれいにファイリングして「この問題は終了!」、「次の新しい問題にチャレンジしてみよう!」などと、成果の出にくい=力の付きにくい学習をしています。
よくよく考えてみれば分かることですが、浅く広くの学習で実力が高まるはずはありません。特に2次試験の事例問題の学習は添削を受け取ってからが本当の学習の始まりなのです。完全合格ライン(80点)のレベルを目標に「再チャレンジ」し、答案作成の実力を高めていくことが大切です。
高得点のコツを身に付けるまで、そのノウハウを自分のモノに出来るまで、MMCでは受講生のやる気あふれる熱意を「再答案学習法」で応援しています。

MMC合格者の多くは、再答案学習を通じて高い実力を身につけています!

講座で行なった事例問題に繰り返し取り組むくことにより、問題文の深い読み方、分析力、高得点答案の書き方が身につきます。最初は低い得点でも、見る見る実力が高まっていきます。再答案で80点を取ることができれば、80分での答練や本試験でも確実に合格点が期待できます。80点を目標に是非チャレンジしてください。



無料体験添削のお申し込み方法

通学講座・通信講座をご検討されている方は是非一度体験してください!

・無料体験添削の提出/返却は、「インターネット」を利用して行います。(郵送による提出/返却は、行いません。)

4つの事例より2事例を選択し、以下の「インターネットを利用した解答用紙の提出・受取の手順書」を参照の上、ご提出ください。(解答は指定の解答用紙をダウンロードしご使用ください。)

インターネットを利用した解答用紙の提出・受取の手順書(PDF)


→ 「無料体験添削」申込

提出事例ダウンロード

  事例T
組織(人事を含む)
事例U
マーケティング・流通
事例V
生産・技術
事例W
財務・会計
事例問題ダウンロード 事例T(PDF) 事例U(PDF) 事例V(PDF) 事例W(PDF)
解答用紙ダウンロード 事例T(PDF) 事例U(PDF) 事例V(PDF) 事例W(PDF)
解答解説ダウンロード 事例T(PDF) 事例U(PDF) 事例V(PDF) 事例W(PDF)

→ 「マイページ」ログイン


・添削済み解答用紙はMMCに到着後、10日後を目途にMMCより返却いたします。
(但し、模擬試験の時期は2週間以上時間がかかる場合がございますので予めご了承ください)。